防犯性能で窓ガラスの種類を比べてみたら

window_type
空き巣などの侵入盗がターゲットに据えた住居への侵入経路として使うのは、実に6割が窓だと言われています。つまり防犯の要所として考えるなら、それは玄関ではなく窓だということなのです。
それでは窓ガラスの防犯性能を考えた場合、その種類によってどの程度の格差があるのでしょうか。

まず通常の窓ガラスについてですが、これはフロートガラスと呼ばれるもので、広く一般に使用されています。特に衝撃に対する耐性もないため、短時間に破壊されてしまうものであり、当然、防犯性能は望むべくもありません。
網入りガラスはガラスのなかにワイヤーが格子状に入っているもので、アパートやマンションなどで良くみかけます。見た目のうえでは非常に強固なイメージがあり、しばしば防犯用の特殊なガラスと誤認されますが、実際には火災時にガラスの割れ落ちを防止するためのものであり、防犯性能は通常のガラスと何ら変わりありません。

それでは強化ガラスはどうでしょう。その名前からもわかるように、強化ガラスは通常のガラスと比較して、3倍程度の耐風圧強度えを持っていると言われます。もしそうであるならば、当然防犯性能も高そうに思われますが、一般的なガラスと比較しても、侵入を防ぐ能力が高いというわけではありません。道具を使ってガラスを破るという「人為的な破壊行為」に対する耐性は、強化ガラスにも期待できません。

防犯ガラスというのは、よく強化ガラスと混同されていますが、実際にはまったく違うものです。防犯ガラスは二枚のガラスの間に防犯フィルムと呼ばれる層を挟みこんだガラスであり、道具を使った貫通に対する耐久性能に優れています。ガラスのなかで、唯一防犯性能を持っているガラスであるといっても良いでしょう。
この防犯フィルムを通常の窓ガラスのクレセント錠部分にだけ貼る方法もありますが、あまり効果的とは言えません。貼るのであればガラス全体が望ましいと言えるでしょう。