ペットショップのショウウィンドウってかなりの厚みですよね

pet_shop
前から思っていたのですが、ペットショップのショウウィンドウってかなりの厚みですよね。子犬の鳴き声って普通ならかなり響き渡るはずなのに、ショウウィンドウ越しだとかなり小さく聞こえますから。また、手でショウウィンドウに触れてみても、かなり分厚いものになっていることが伝わってきます。薄くて割れたりしたら、お客さんもペットも危ないですからそれでいいんでしょうけど、まるで大きな壁があるようでどうしてもペットたちが「展示物」って感じがしてしまいますね。本来なら、もっと開放的で人ともしっかり触れ合えるような環境を用意するべきなのでしょう。ただそうすると、ペットショップには小さい子供たちも来店しますから、犬猫が怪我したり子供が噛まれたりといったことも起きかねないので、実際は難しいですね。

さて、ショウウィンドウ自体についてですが、あれはやはりアクリル板が鉄板なのでしょうか。アクリルはガラスと同じくらいの透明度がある上で、ガラスより割れにくく尚且つ加工がしやすいという利点があります。その利点を考慮すれば、やはりアクリルが一番ペットショップには適しているんだろうなぁと思いますし、実際によく使われていますよね。ただでさえ割れにくいアクリルがあれだけ分厚ければ、安心感は高いです。ペットを安全に気兼ねなく検討するためには、あのショウウィンドウが一番なのでしょうね。